北陸B.M.C.会則

北陸B.M.C.会則 
第1章 総則
(名称)
第1条
本会は北陸B.M.C.を正式名称とする。 (略称 北陸地区宴会支配人協議会)
 
(事務局)
第2条
本会の事務局は会長の任命により運営委員から選出する。
 
(目的)
第3条
本会は会員の所属するホテル相互の情報交換を蜜にすることによりバンケット業務の運営を容易ならしめ、もってホテル業の発展に貢献することを目的とする。
 
(事業)
第4条
本会は前記の目的を達成するために次の各号に定める事業を行う。
(1) 定例会を設けバンケット業務に関する情報交換を行う。
(2) 宴会関係の資料の収集と提供。
(3) 会員相互の研修、及び親睦の為の行事開催。
(4) その他本会の目的を達成するために必要な事業。
 
(会則の変更)
第5条
この会則を変更する場合は定例会において、加盟会員ホテルの過半数が出席し、出席者の過半数をもって決定するものとする。但し、可否同数のときは議長がこれを決する。
 
第2章 会員
(資格)
第6条  
(1) 本会の会員は、日本ホテル協会加盟ホテル又は宴会業務に従事する事業所の責任者及び代理者とする。
(2) 第7条第1号から第3号の各条件を満たした場合、又はその可能性があるときは、開業3ヶ月前からの準会員として定例会に出席する事ができる。
(入会)
第7条
本会に入会するには下記各号に定める条件を満たさなければならない。
(1) 本会会員ホテル2社以上の推薦を受けること。
(2) 日本ホテル協会加盟ホテル又は宴会業務に従事する事業所の責任者及び代理者。
(3) 本会運営委員会における全員一致の承認を受けること。
(会費)
第8条
(1) 本会の例会費は例会参加1名2,000円(活動費500円、会議費1,500円)とし、定例会場で納入する。
(2) 本会の維持会費は1ホテル年額43,000円(内訳 北陸BMC会費28,000
  全国BMC会費15,000円)とし年度始めに一括納入するものとする。
(退会)
第9条
本会の会員が退会する場合はその旨を書面をもって会長に届けなければならない。
この場合、既に納入された維持会費は返還しないものとする。
 
(慶弔)
第10条
本会の会員本人及び会員所属会社の社長・総支配人(会社代表とされる方)が死亡した場合次の各号に定める規定に基づき弔意を表する。
(1) 本会会長名で事務局が弔電を打つ。
(2) 本会会計より1万円の霊前料を出し、葬儀には各県の運営委員が出席する。
(3) 会員の一親等親族が死亡の場合は会長名で弔電を打つ。
 
第3章 役員
(役員)
第11条
(1) 全ての役員は運営委員5社の中から選出する。
(2) 運営委員は定例会において会員の中から互選する。
(3) 本会に次の役員を置く。
①会長   1名
②副会長  1名
③事務局  1名
④会計   1名
⑤監査   1名
(職務)
第12条
会長は本会を代表して定例会、運営委員会を招集しその議長となる。
副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
運営委員は運営委員会を組織して重要事項を審議決定する。
会計は本会の運営に必要な一切の会計事務を行う。
(任期)
第13条
(1) 役員の任期は1年とし、再選を妨げない。
(2) 補欠で選任された役員の任期は前任者の残存期間とする。
 
第4章 会議
(会議)
第14条
本会の定例会は通常例会及び研修会とする。
 
(定例会)
第15条
定例会は会長が召集し年10回開催とする。
 
(運営委員)
第16条
運営委員会は会長が必要と認めたとき召集する。
 
(会計報告)
第17条
本会の会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
本会の予算決算に関する報告は毎年1月に開催する定例会において会計役員より報告しその承認を受けるものとする。
 
第5章 附則
第18条
この会則は平成13年1月1日より執行する。
 
第19条
この会則に定めてない事項については役員の協議により決定するものとする。