平成29年度 全国B.M.C会長会

  

2017年02月19日

全国B.M.C.

Banquet Manager’s Conference
全国宴会支配人協議会

日 時: 平成29年2月7日(火曜日)
会 場: ホテル日航福岡 本館5階 志賀の間
出席者: 全国役員・各地区会長、事務局長

・齋藤会長 ご挨拶
あけましておめでとうございます。
会長を拝名いたしまして1年が経過致しました。積極的な活動が出来なくその結果、会員が減少し深く反省しています。2年目に入り成長戦略を基軸に巻き返しを図るべく各地区の役員様にもご協力をお願い申し上げます。基本方針の原点回帰は継続し料飲の発展、人材育成と確保、業界地位向上に尽力したいと考えています。2016年1月25日に東京BMC新年会に出席し会員増強のシナリオをスタート致しました。弊社グループホテルも入会し 東京BMCの菅野会長のリーダーシップに期待し成長戦略の礎にしたいと考えています。
地方展開は現状厳しい状況とは思いますが、私が所属する北陸BMCも瀕死の状況でしたが、会員を募り研修会を充実させ、起死回生とまではいきませんが安定した運営が出来ています。
伊藤前会長の「やってみなはれ」、実行の賜物と思っております。東京、大阪を軸に各地区へ波及させたい意向です。各地区の会長、役員の方々も存続、成長のシナリオを描いて頂きたいと切に願います。さて、2016年度訪日来客数は前年比13%増の2043万人で過去最高で東京オリンピック、パラリンピックには4000万人と言われています。
我々BMCの最大の武器は組織力とネットワークです。
営業的な情報共有、リスクヘッジの情報共有、スケールメリットは十分にあります。
東京BMCの新年会は東京ドームでおこなわれましたが、社長のご挨拶で防火訓練、消防訓練を大・中・小を含め754回も開催している、首都圏直下型地震を想定しての事ですが大変な事だと思います。
自社に置き換えて考えてみても大変に刺激になりました。改めてリスクヘッジの大切さを
学びました。
そして悪夢のような誤表記の問題も伊藤前会長からネットワークを利用したメニューチェックシートをメール発信いたしましたが、弊社でも採用しここでもBMCの底力を痛感しました。
年2回の全体例会や各地区の例会でこのようなメリットを普及させ、さらなる飛躍を皆様と共有させていただきたいと思います。
新年度に入り「成長戦略」を掲げ、ご挨拶とさせて頂きます。

・平成28年度全国B.M.C.事業報告
・平成28年度全国B.M.C.会計報告
・平成28年度全国B.M.C.監査報告
‘・平成29年度全国B.M.C.役員体制について

・平成29年度運営について
1) 平成29年度事業計画案
2) 平成29年度予算案
3) 今年度夏期研修会、第7回全国B.M.C.若手コンペティションについて
*7月12日(水曜日)にホテルオークラ東京にて開催。今回は東京50周年の為に
 若手コンペと一緒に開催となりました。
4) 会員増強について

・各地区よりの報告

*特に問題がなかった事をご報告申し上げます。
以上